私たちに関しては

ザルツブルクのヒンドゥー教の占星術


ウィーンのwww.austriaviennapuja.comとプジャサービス (オーストリア) 生息地Bオーストリアsahadevパンディットに設立されました 2014 非営利サイトとして . 子どもの頃, Sahadevパンディットは夢見ることができ、そのすべて, 司祭になっていました. これはでスロベニアローカルパンチャタットワ寺に参加するために彼を導きました 1999. すべての栄光、教祖ゴスワミマハラジPujapdへの献身に会いました (Odissa) そして、Pujapada Nischalanandaサラスワティシャンの指導の下で指示を受け (Odissa), Sahadevパンディットはリグからマントラを学び、Yajurヴェーダ, 占星術, ハーブの使用を取り入れ癒しの方法, そして、Pujas / Homamsを行うのノウハウ. 彼はオーストリアのウィーンプジャを確立したときに彼の献身は実を結び 2014 オーストリアのヒンズー教のコミュニティの宗教的なニーズを満たすために. 彼は最高であると考えられています オーストリアのヒンズー教の司祭. オーバーと 19 彼の信用への長年の経験, Sahadevパンディットはpujasを実行するために国際的に旅してきました, 宗教的な儀式, 結婚式, homamsも壮大な機能の一部となっています.

彼が訪れたもので最も美しい場所の一つは、彼がMadhva SapradayaシュリRaghavendraスワミから特別な祝福を受けたMantralayamました (Mantralayam).At present he lives in Vienna with the blessing of his Gurudev Pujapada Nischalananda Saraswati Shankaracharya.His vast experience of more then 16 Pujariとしての仕事で別のクライアントとの年(祭司) そして、占星術師は、人類を助けるために彼の神の手の中に非常に有能な人や楽器になります.

サイトに関する数行: このサービスは善意でかつ至高主の満足のためではなく、お金がサイトを.Thisために実行されている精神的なサイトと非営利サイトは、精神性と正義の道を歩むために人々を教育し、エン光することを意味するように. これは、ビジネスを作るウェブサイトではありません. あなたが見ることができるとして、我々はすべての製品を販売していません. 私たちが提供しているサービスは、ヒンドゥー教の宗教の本質で​​あります . 私たちは、自己実現に関心のあるすべての人のためのガイダンスとインスピレーションを提供します. どのようなサービスあなたはそれが司祭を必要とする必要があるということであるかもしれません,知識,エネルギー ,努力,お金 ,アイテム ,追加材料 ,travel expenses etc…Wedding services what we offer is for or from the local Hindu Gaudiya Math temple in Traiskirchen and like that non profit.We help people and we acccept donations and that is how we function.Nowadays people do not have the appreciation or understanding for Vedic Hindu Ceremonies .In olden days people used to be generous towards priests so priests was very inspired to perform all the ceremonies .In those days priests was independent, no any priest worked in company or in hospital because they were protected from the king and they had their own land and resources thanks to king and his protection. Now nobody cares for the priests in fact people make fun of them and accuse them for being greedy just because they ask the money for pujas .When somebody needs a puja or wedding first question which they will ask is following how much you will charge for Puja?.In this age priests are forced to work in companies to maintain themselves and this is reality.Everyone wants to fill up the pocket but no one thinks about the God. Nowadays people tend to demand low cost,彼らは、我々はそれをやったと言うことができるように名前だけのためにプジャを表明 . People having Restaurants and Companies are pretending to be very poor and do ceremonies for the name sake trying to exploit the priests . プルシャの憧れは述べています : brahmanosyaは彼の顔からmukhamasit (または口) 来brahmanas.Soヴィシュヌはバラモンを通って、バラモンを通じて除い食べます. ポケットアップ両脚バラモンたちは敬虔と良いlife.Ceremoniesを実践して生きている本物のバラモンについて話している誤解するbest.Notは、人々の心に純度を向上させるために意図されている人間ではなく塗りつぶし間.